トップページ

名古屋仏具卸商協同組合は、高品質な仏具をご提供させて頂きます。

名古屋仏具卸商協同組合とは
 名古屋では、江戸時代初期より、仏壇・仏具の生産が盛んに行われてきました。その背景を少し説明します。
名古屋は、江戸時代に入り尾張徳川家の政策により、城下町として整備され栄えました。徳川家は、戦になった時の前線基地の役割を担う寺社を、名古屋城下を中心に数多く建設し、保護しました。その名残で、現在でも愛知県は全国で一番多くの寺院があります。また、徳川家は森林資源の保護政策を実行しました。木材伐採に厳しい制限を設け、これを守らずに木を切ると、「木一本、首一つ」と言われる程、厳重な取り締まりを行いました。そのお陰と共に、木曽川が材木輸送路となり、名古屋は良質な木曽桧の集積地になりました。また、三河地方では足助町を中心に、優良な漆が産出され、日光東照宮造営にも大量に使用されました。金属加工においては、尾張では刀装小道具の鍔生産が盛んで、技術が磨かれました。
このような状況を基盤として、寺社仏閣を建設した宮大工・寺大工などの技能集団が仏壇・仏具を製作するようになり、また、下級武士が内職として製作を担うことによりさらに発展し、産業として確立しました。
さて、仏具には大きく分けて、一般家庭で仏壇の付属品として使われる在家用仏具と、寺院の本堂等に祀られる荘厳仏具があります。名古屋ではいずれも製作してまいりましたが、一つの仏具を製作するには、多くの手が必要で、仏師・木地・彫刻・塗り・金箔・蒔絵・彩色・飾り金具・木魚・撥・神祭具・打敷等の職人さんによる分業制で成り立っています。戦前明治期より、我々のような製造卸問屋が、各種職人さんに仕事を依頼し、出来上がった物を自らが組み立て、最終製品に仕上げ、全国の小売店様に卸してまいりました。戦後になり、業界の規模が急激に拡大し、昭和38年に、名古屋市内で製造卸を行う事業者によって、当組合が設立されました。
名古屋では、技術力の高い豊富な職人さんの力により、あらゆる種類の仏具を製作してまいりました。また、小売店様のご尽力のお陰で、全国津々浦々に至るまで、仏具を供給してまいりました。その結果、全国随一の仏具生産地、仏具流通の一大集散地になりました。これからも、この重要な役割を担っていくことが当組合の使命と考え、職人さんの後継者問題、等の課題に取り組んでいきたいと思います。

トピックス

  • 令和3年 10月4日(月)~10月6日(水)に、吹上ホールに於いて尾張仏具技術保存会との共催にて展示会を開催致します 。
  •